日本への技能実習プログラムとは?

 

「外国人研修・技能実習制度」は、研修生・技能実習生への技術・技術移転を図り、その国の経済発展を担う人材育成を目的とした、日本の国際協力・国際貢献の重要な一翼を担う 制度であり、

①.研修生・技能実習生にとっては、技能修得 と帰国後の能力発揮により、自らの職業生活の改善向上

②.研修生・技能実習生を派遣する外国の企業にとっては、修得した能力、ノウハウの活用による品質管理の徹底、職場規律の徹底、コスト意識の向上

③.日本の受け入れ企業等にとっては、外国企業との関係強化、経営の国際化、社内の活性化、生産への貢献。

などといった様々な利点が挙げられます。